WEBサイトの表示が物凄く遅い。『PageSpeed Insights』で修正箇所を確認する。

メインWEBサイトの表示速度が遅すぎる。

メインで運営しているWEBサイトの表示速度が遅いんだという話を、
前回前々回させてもらいました。

前回は、対応策として、
[blogfard url=”http://tokyo-free.info/archives/292″] 画像最適化のプラグインを入れて対策を取ったわけです。

が。

やっぱり相変わらず遅いんです。

「ん?ネットの回線切れてる!?」とかちょっと不安になるほど遅い。

いろいろと表示速度やランクをはかることができるようですが、
実際にストップウォッチを使い、PCでの表示にかかる時間を計ってみました。ら。

なんと、サイト表示までに5.57秒もかかったのです。

サイトが表示されるまで5.57秒、激遅です。

表示速度が2秒遅いだけで50%も直帰率が上がってしまうと言われているので、
この表示速度の遅さはWEBサイト運営をするに当たっては物凄いダメージ。

自分で見るのにも遅くてイラっとするしね。

 PageSpeed Insightsを使ってWEBサイトコンテンツの解析をしてみた

そこで、今回は『PageSpeed Insights』というツールを使用し、
WEBサイトコンテンツの解析をしてみました。

『PageSpeed Insights』はサイトのURLを入力するだけで、ページの読み込み時間を短くするための方法を提案してくれるGoogle Developersのツールなのです。

早速やってみたところ、これがもう、なんとも散々たる結果であったのです・・・

これはモバイル表示での解析結果。なんと38点です。
赤点レベルです。

パソコン表示での結果は34点。もっと赤点レベルでした。

体感的に分かってはいたことだけど、うーん・・・・・・・・ショック!!!

しかし、『PageSpeed Insights』は、きちんと修正すべきポイントを教えてくれるので助かります。

 修正が必要なもの・修正を考慮した方が良いもの

今回修正が必要とされたのが、以下。

  1. 画像の最適化
  2. スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているJavaScript/CSSを排除する
  3. ブラウザのキャッシュを活用する
  4. サーバーの応答時間を短縮する
  5. 圧縮を有効にする
  6. 表示可能コンテンツの優先順位を決定する
  7. CSSを縮小する

 

6、7だけが修正考慮で後は全て修正すべき必要箇所でした。

 

次回は実際に修正作業に入りたいと思います。